うまくいっている人は白鳥です

こんにちは。伊賀明美です。

この間、自分で話していた言葉が、妙に自分の中に残っていて、書き残しておきたくなった。

「うまくいっている人は、白鳥なんです。

表に見えている部分は、優雅で素敵。

でも、水の下では一生懸命足を動かしている。

やることをやっているから、結果が出るんです。」

地球はシンプルな星だと思います。

想いは現実化する。

だけど、現実化するためには、行動がないと実体として現実化できない。

お客様がたくさん集まっている。

売り上げが上がっている。

キラキラしている。

実際にそうなっている人は、行動しているんです。

他の人には見えないところで、行動しています。

私もやっているのに、うまくいかない。

そう思っている人は、キツイ言い方だけど、やっていないんです。

やっているつもりなだけで、実際にはその結果に繋がる行動をしていない。

思っているだけでは、ダメなんです。

というか、本気で思っていたら、そうなるための行動をしていると私は思います。

だから、行動をしていない人は、まだ本気じゃないんだなと思います。

望む未来によって、行動は変わります。

札幌から東京に行きたいと思っているのに、稚内行きの電車に乗る。

絶対に着かないですよね。

3時間で東京に行きたいと思っているのに、歩いていったら間に合いません。

行きたい方向、どのくらいでそこに到達したいのか。

それによって、行動は変わります。

お仕事だとわかりづらいけれど、全然違う方向に進んでいる人がいるように思います。

まずは、どうなりたいのかを決める。

そして、同じ分野でうまくいっている人を見つける。

その人が湖の下でやっていることを、しっかり見て、真似てやってみる。

できたら、その人が自分と同じくらいの時にやっていたことを、そっくりそのままやってみるといいと思います。

100%、いや120%やってみる。

人には個性があります。

そして、個人で仕事をするなら、自分らしさが大事です。

でもまずは、守破離の「守」。

真似ることから始めよう。

一方で、表に見えている部分が優雅であることも重要だと思います。

特に個人で仕事をしている人は、自分が一番の商品なのです。

魅力的な人。

一緒にいると楽しくなる人。

輝いている人。

そんな人の周りに人は集まってきます。

お金がない。お客様が来ないと言っている人。

言っていなくても、醸し出している人。

不幸そうな人。

そんな人の周りには、素敵な人は集まってきません。

綺麗な花には、蝶々が。

うんこには、ハエが集まります。

うまくいっている人は、それがわかっているんです。

表面上は、キラキラ優雅にしています。

必死に行動している舞台裏は見せないんです。

だから、見えている部分だけをみて、羨ましいと思わないで下さい。

その人が特別だから、うまくいっているわけではありません。

やれば、結果につながります。

(2017年5月1日にアメブロに投稿して、好評だった記事を載せています)